メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ

屋外・水栓柱の水栓柱下の水道管の劣化の症状対策

屋外・水栓柱のトラブル「水栓柱下の水道管の劣化」の症状&状況例

一軒家の多くに屋外には水栓柱が設置されていて、屋外にて水を使った作業を必要とする際に非常に便利に使える水周りになります。水栓柱は地面から垂直に立てられているもので、先端には蛇口が取り付けられているタイプが一般的に多く利用されています。
新築物件の場合で新しく設置されているものであれば長期間にわたって問題なく使い続けることができますが、長く使っている水栓柱の場合では水栓柱下の水道管の劣化を起こしてしまうことがあります。

水栓柱の劣化判別方法

この症状に関しては目視で判断できる場合とそうではない場合に分けることができます。
目視で判断できる症状に関しては屋外の水栓柱下の水道管の劣化によって地面上に出ている水道管から水漏れが起きている症状を簡単に見つけることができます。
水栓柱の場合では小さな穴が水道管に開いてしまった場合でも、勢いよくその部分から水が漏れる現象が起きてしまうことが一般的なので、直ぐに判断を行うことができます。
この状態であれば水が周囲に飛散してしまうことになるので、水道料金が大きく掛かってしまう弊害が起きてしまいます。

水道管に劣化が起きている時は・・・

一方で簡単に判断できない症状というものもあり、地中にて水栓柱下の水道管の劣化が起きている症状を挙げることができます。
このケースでは地中に水が漏れることが少ない症状になるので、利用者によっては気付かないまま生活を送っている可能性もあります。
判断基準に関しては水道料金をチェックすることが必要になり、普段の生活上として何ら変わらない生活を送っていても、急に水道代が高くなってしまっている場合では、自宅内で使っている全ての水道蛇口を閉めた状態で、水道メーターを確認する方法が効果的です。
メーターが動いている場合では地中にて水漏れが起きていると判断することができるので、水栓柱のトラブルとして早期に解決する必要があります。
水道管が劣化している場合では素人では完全に修理できないことが多い傾向にあるので、このような症状が起きてしまった場合では専門店に相談することも基本的なことです。
放置してしまうと水道代が高くなってしまうばかりか、住宅の基礎部分にも常に水が流れる症状になってしまうので、住宅を傷めてしまう可能性も出てきます。
水道管の見えている部分が劣化している場合では、周囲に大量の水が飛散してしまうケースも多々見られるので、どちらにしても早期に改善させることが求められています。
水道管は金属や樹脂類で作られているものなので、自然に劣化を起こしてしまうことがあり、屋外の水栓柱の場合では見えている水道管部分に何かしらの衝撃が加わってしまった場合でも劣化を起こしやすいので取り扱いには注意が必要です。

屋外の水栓柱下の水道管の劣化の修理方法・応急処置

屋外に設置されている水栓柱については、破損してしまった場合では大量の水が流れ出てしまうことが多いので、水栓柱下の水道管の劣化などが見られる場合では、できるだけ早急に解決する必要があります。

水栓柱下の水道管の劣化が起きた場合の応急処置とは

最初に応急処置を行うことも必要になり、水栓柱の場合では近くに止水栓が設置されていることが一般的です。
止水栓を完全に閉めた場合ではそれ以上水が漏れてしまうことが無くなるので、取り敢えずは応急処置として水漏れを止めることができるでしょう。
次に漏れている箇所を特定して地中から上の部分で穴などが出来ている部分を見つけた場合では、水道管用として販売されている吸着テープを利用してみる方法もあります。
吸着テープは一般的なビニールテープとは異なり、摩擦によって水道管に吸着する特殊な素材に仕上がっているので、穴が小さい場合では水漏れを止めることができる場合もあります。
どちらにしてもテーピングなどを施す方法では単なる応急処置に過ぎない行動になるので、その後は修理をしっかりと行う必要があります。

水栓柱下の水道管の劣化の修理方法とは

修理方法に関しては溶接などを施す方法も用意されていますが、水栓柱下の水道管の劣化の場合では通常では水道管の交換作業が必要とされています。
素人では太刀打ちできない内容になるので、プロの工事店などを通じて修理を行う必要があります。
屋外の水栓柱の場合では埋設管といって地中深くに設置されている水道管から分岐させて地中に水道管を出している方法になるので、水道管の交換修理を行う方法に関しては地上だけの作業ではなく、地中を掘って水道管の分岐している部分から全てを交換する方法が一般的に行われています。
大掛かりな工事になってしまうことが多いものですが、新しい情報ではこれまで使われてきた水栓柱に代わって、地中に出ている部分の管がかなり太めに設定されており、蛇口を閉めた際には自動的に水抜きから止水栓を閉めることを可能にしているタイプが存在しているので、修理を行う際にはこのような新しい水栓柱を導入してみることも良い方法です。
新しいタイプの場合では比較的劣化を起こさないことが特徴になるので再び長期間にわたって快適に使い続けることに向いています。
屋外の水栓柱が劣化してしまい、水が飛散している状態を確認すると焦りを感じてしまうことが多いものですが、焦らずに止水栓を閉めてから専門工事店に修理依頼をすることにより、問題を早期に解決することができ、症状に合わせて最適な修理が実施されています。

屋外の水栓柱下の水道管の劣化の予防方法

戸建て住宅などで屋外に設置されている水栓柱に不具合を感じてしまうことも多く、その中には水栓柱下の水道管の劣化を起こしてしまうことが目立ちます。
水道管に穴が開いてしまったり、腐食してしまうことで地中にて水漏れが起きてしまうという事例も多いものです。

水栓柱下の水道管の劣化の予防方法とは

このような水栓柱下の水道管の劣化の現象に関しては予防を行って大切に取り扱うことが求められています。
地中から垂直に伸びている水道管のタイプが多いのですが、一般的には人の出入りなどが多い玄関の周辺に設置されていることが多いでしょう。
この場所に関しては水道管に物をぶつけてしまうことを避けることが必要になり、例えば大きな家具類や家電製品などを自宅内に搬入したり、逆に搬出する際にはぶつけてしまうことが無いように十分に配慮することも予防につながります。
自動車を駐車させるスペースの近くに設置されている住宅も多く、このような場所では駐車させる際にも注意が必要です。
屋外の水栓柱下の水道管の劣化を防ぐには、水道管に衝撃を与えてしまうことを避ける方法で予防を行えるので、自動車を駐車させる際にぶつかってしまうような場合では、その予防として水道管に対して目立つように蛍光塗料などを使っているテーピングを利用して巻き付けておく方法も効果があります。
この方法であれば、夜間でも水道管の場所を確認しやすいので、水道管を保護することに向いている方法として挙げられます。

寒冷地の方にオススメの予防方法

住んでいる地域によっては冬期間には水栓柱を使わない場合も見られます。
特にマイナス気温になってしまうような場所では現実的に屋外で水作業を行うことが困難です。
この地域の方であれば水道管の劣化を防ぐための予防方法として、見えている水道管の部分に対して保護を行う方法があります。
例えば大きめのバスタオルを利用してロープなどを使って巻き付けておき、その上にビニールシートでカバーする方法もあります。
凍結してしまうことが無いように断熱材をカッティングして巻き付ける方法も効果的です。
このように、衝撃から水道管を守ることや季節によって水道管を保護する方法でも予防を行うことができるので、実践してみることにより水道管の寿命を長くすることは不可能ではありません。
他にも地上に見えている水道管に対して普段から保護用のテーピングなどを施しておく方法もあり、使わない期間が長くなってしまう場合では、必ず止水栓から閉めておき水抜きを行う方法も効果があります。

料金一覧はこちらから

お問合せはこちらから

関連記事

屋外・水栓柱の凍結による水道管の破裂の症状対策

目次1 屋外・水栓柱のトラブル「凍結による水道管の破裂」の症状&状況例1.1 寒冷地にお住いの方、凍結に注意してください1.2 水道管が破裂してしまったら・・・・・・・・ 続きはこちら

屋外・水栓柱の蛇口劣化の水漏れの症状対策

目次1 屋外・水栓柱のトラブル「蛇口劣化の水漏れ」の症状&状況例1.1 屋外の水栓柱からの水漏れサインとは・・・2 屋外の蛇口劣化の水漏れの修理方法・応急処置2・・・・・ 続きはこちら

屋外・水栓柱の排水パイプの水漏れの症状対策

目次1 屋外・水栓柱のトラブル「排水パイプの水漏れ」の症状&状況例1.1 外の水道の構造をしっておきましょう1.2 水栓柱の水漏れは気付きにくいです2 屋外の排・・・・・ 続きはこちら

屋外・水栓柱の散水栓から水が溢れる症状の対策

目次1 屋外・水栓柱のトラブル「散水栓から水が溢れる」の症状&状況例1.1 散水栓からの水漏れが発生したら・・・1.2 積雪が観測されるような地域にお住いの場合・・・・・ 続きはこちら

ページトップボタン