メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ

配管工事を業者に依頼するには?費用相場や確認しておくこと

水道管工事(配管の工事)を業者に依頼した場合の費用相場

水道は生活する上で必要不可欠なものですが、使えるようにするには水道管工事をする必要があります
大がかりな給水管の引き込み工事や水漏れや詰りなどの屋内配管工事など水道管工事と言っても様々です

基本的に水道管工事は業者に依頼することが一般的ですが、いくらくらいかかるのか分らない人も多いと思います。
水道管工事と言っても種類によって金額が異なるので、それぞれの費用相場を理解しておくことが重要です。

大がかりな給水管引き込み工事の場合

給水管引き込み工事は水道本管から家の敷地内まで配管する工事の事で大がかりになるケースが多いです。
給水管引き込み工事の場合の費用相場は30万円から50万円と言われています。

1m給水管を引き込むのに約1.5万円程度かかり、費用相場に開きがあるのは、水道本管から敷地内までの距離は土地によって異なるからです。
水道本管から敷地内までの距離が遠い場合には、その分費用が必要になると理解しておきましょう。

給水管の引き込み工事はかなり高額になりますが、工事費用以外にも発生する費用があります
給水申込納付金と各種手数料が必要になるのです。

給水申込納付金の金額は自治体によって異なり、給水管の口径が太くなるほど費用が高くなり、13mmで2~12万円、20㎜で6~30万円となります。
使用する給水管の口径までしっかり確認しておくようにしましょう。

加えて分岐管理手数料や設計手数料などの各種手数料も必要になってきます。
手数料に関しては1件で1.5万円ほどが相場になっています。
大がかりな給水管の引き込み工事を行う場合には、工事費用に手数料や納付金などが必要になる事も覚えておくことが肝要です。

種類の多い屋内配管工事の場合

屋内配管工事は水道メーターから浴室や洗面所などの水回りに水道管を伸ばす工事を指します。
蛇口や止水栓の設置も屋内配管工事で行われることになります。

屋内配管工事のポイントは市町村から認定された指定給水装置工事事業者が行うという事。
屋内配管工事の種類としては蛇口交換や水漏れなど多岐に及びますが、相場としては簡単な修理であれば3000円~12000円と言われています。

単に水漏れがしている場合であれば修理だけでよいのですが、その元の水道管などが原因であれば元を直さなければいけません。
なので部品交換だけ直らない場合や壁を開ける工事が必要になってくると費用もさらに高額になるケースがあるようです。

新築の家の場合

新築を建てる場合の水道工事は依頼しているハウスメーカーや工事店から水道業者を指定されることが多いのです。
新築の場合の水道管工事の費用は、近隣の状況にもよります

新築住宅に面した道路に水道管がすでに通っている場合にはそこから水道管を引き込めるのでそこまで費用は掛かりません。
ですが敷地に面した道路に水道管が通っていない場合には新しく水道管を引く工事が必要になるのです。

水道管を延長して工事すると、別途費用が必要になります。
水道管の距離によっては100万円以上かかることもあるので、注意が必要です。
一般的に新築の家を建てる場合の水道管工事の相場としては給水管引き込み工事は30万円~50万円、屋内配管工事の費用相場は10万円~20万円と言われています。
水道管の屋内配管工事は、床下で行う場合もあります。

床下で配管工事をするメリットとしては外気と直接触れないことから凍結するリスクが少ない事、外観に影響がないのですっきり見える事が挙げられます。
家に穴をなるべく明けないで施工できることから家の耐久性を落とすことなく工事が出来るのです。

メリットの大きい工法ですが、金額的に高額になりがちなのでお財布の事情を考慮する必要があります。
家を新しく建てる道路の状況によって費用が大きく左右されることは理解しておきましょう。

配管工事を行う業者の比較ポイント

画像 
配管工事を行う場合には業者に依頼するのが一般的ですが、どんな業者に依頼してよいか分からないと思います。
水道業者は多くありますが、出来るのであれば信頼できる業者に依頼したいと思いますよね。実は、水道修理業者の中には、修理後に高額請求をしてくるような悪徳業者もいます。
いわゆる”ぼったくり”です
そんな”ぼったくり”の多い業界なので、工事業者を比較検討し、きちんと信頼できる業者かどうかを自分の目で確かめ、比較しましょう。

配管工事を行う業者の比較ポイントについてご紹介します。

事前に見積もりを出してくれるか

画像 
業者選びのポイントとしては事前に見積りを出してくれるかが一つのポイントです。
基本的に事前に見積りを出してくれる業者が多いですが、出来ない業者は避けた方が良いと考えられます。
見積りも出さずに依頼すると後悔することになります。
安すぎる見積りを提示する業者も注意が必要で、工事してから実際にもっと高額の費用を請求してくる業者もいるからです。
事前に見積りを出してくれるかも確認して業者選びを行いましょう。

部品の説明をしてくれるか

画像 
部品の説明をしてくれるかも配管工事を行う際に業者の比較ポイントの一つです。
配管工事には専門的な部品を使用することが多く、普通の人には分からないことが多いです。
どこにどんな部品を使用して、どういう役割があると細かく部品を説明してくれる業者を選ぶ事が大切になります。

部品の説明が不十分であれば不必要に高価な部品を進められる場合もあり、配管工事の金額も高くなってしまいます。
部品意味まで説明してくれることも業者選びのポイントとして理解しておきましょう。

配管工事なら住まいる水道

画像 
多くの配管工事の業者がありますが、その中で住まいる水道は配管工事を依頼するに信頼できる業者です。
住まいる水道サポートでは初めて配管工事を依頼する人にも安心できる仕組みになっています。
依頼に関しては電話で出来ますし、電話で内容を伝えるだけで概算の見積りを出します。

概算で見積りを出してくれることもお客様には嬉しいポイントですよね。
その後に現地調査を行い、細かくトラブルの原因を説明します
現地調査の時に疑問や質問の対応、部品交換の手順や説明を行います。
その後の契約になるので、お客様の不安や疑問を全て解消してから配管工事を行うため安心できます。

水道局の指定工事店”住まいる水道サポート”

水道工事を依頼する時に、業者が水道局の指定工事店かどうかもポイントになります。
水道局の指定工事店という事は講習や資格試験を受けて一定以上の技量を有すると認められたという事です。

住まいる水道は水道局指定工事店なので問題なく依頼することが出来ます。
トイレの水漏れや詰り、蛇口の水漏れ、浴室の詰りや洗面所の水漏れなど、多岐に及ぶ屋内配管工事にも対応しています。

屋内配管工事の費用についてはホームページにおおよその金額が記載されているので確認しておくとよいでしょう。
住まいる水道サポートでは、水漏れの修理時に交換しないといけない部品が実際にある場合には費用が加算されることもあります

ですが見積りを出してお客様からの了承がない場合には修理をすることは絶対にありません。
大がかりな給水管引き込み工事は、電話で相談することが出来るので、細かく内容を伝えて見積りや調査を依頼してください。

いつでもお電話を

画像 
住まいる水道サポートは屋内配管工事や給水管引き込み工事などあらゆる対応が可能で365日24時間対応しています。

出張費や見積りが無料な事も、お客様にとっては、うれしいポイントですよね。
水まわりのトラブルには信頼できる弊社のサービスを利用してみる事をお勧めします。

いつでもフリーダイヤルで問合せが出来るので、少しでも疑問があれば住まいる水道サポートに連絡してみて下さいね。

料金一覧はこちらから

お問合せはこちらから

関連記事

蛇口交換の平均費用相場は?業者の早急な修理と自力でやる場合

目次1 蛇口の交換は必要?1.1 蛇口に不具合が生じた場合は早急な修理が必要2 蛇口の不具合の種類2.1 水漏れしている場合2.2 その他、異音がするなど異常事・・・・・ 続きはこちら

【漏水調査】自分で簡単にできる方法から業者に依頼するケースを紹介

目次1 急な水漏れ…給水管?排水管?漏水調査を出来る範囲でやってみよう!2 漏水調査の方法とは2.1 音で聴く方法2.1.1 埋設管露出部音聴調査2.1.2 路・・・・・ 続きはこちら

蛇口がポタポタと水漏れしてしまう場合の対処とは?原因と合わせて解説

目次1 蛇口がポタポタと水漏れしてしまうと2 蛇口がポタポタと水漏れしてしまう原因2.1 [原因①]ナットやネジの緩み2.2 [原因②]コマパッキン周りのさびや・・・・・ 続きはこちら

ページトップボタン