メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ

給湯器トラブルはどうしたらいい?給湯器の交換とは

給湯器・湯沸かし器のよくある故障の症状

画像
お風呂のお湯はり、寒い季節の食器洗い。私たちの生活にお湯は欠かせませんよね。

普段意識する場面は少ないですが、実は私達の快適な暮らしを支えているのが、給湯器です。

「お湯が出なくなった」「異音や異臭がする」「温度が不安定」など、突然やってくる給湯器の故障。
どうしたらいいかわからず困ってしまいますよね。

自分で簡単に対処できる故障なのか、専門の水道業者に依頼して修理や交換する必要のある故障なのか、わからない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、給湯器や湯沸かし器のよくある故障の症状と、今からできる応急処置や対処法をご紹介いたします。

お湯が出ない場合

画像
お湯が出ないトラブル原因には、給湯器に繋がっている水道が流れていない、あるいは、断水している。
といったケースが考えられます。

最初に、給湯器の給水元栓がきちんと全開になっているかどうかを確認してみてください。
給水元栓が閉まってしまっていると、給湯器本体の内部に水を送ることができません。
このため、給湯器から水もお湯も出なくなってしまうのです。

次に給湯器以外の複数の蛇口からお湯も水も出ない場合、どこかで断水が起きている、水道の凍結などが考えられます。

断水については、管轄の水道局に問い合わせをしてみてください。
凍結が原因であれば、凍結した水道管にお湯をかけると凍結を解消することができます。
ポットや電気ケトルで作ったお湯をかけてみてください。

電気式の給湯器であれば、そもそも給湯器の電源が入っていないことが考えられます。
一度電源を確認し、再起動してみてください。

水は出るが、お湯にならない場合

画像
水は出るけれどもお湯にならない場合は、水を温める電気やガスが故障の原因になっていると考えられます。

電気式であれば電源を確認し、一度再起動してみてください。
そうすることで簡単に治る場合もあります。

ガス式の給湯器の場合は、コントローラーの「燃焼」ランプが点灯しているかチェックしてみてください。
消灯しているとバーナーの点火ができず、お湯を沸かすことができません。

次に、ガス元栓のチェック、ガスメーターの復旧操作、プロパンガスタンクの残量の確認などを行い、給湯器に燃料が供給されているかチェックしてみてください。
きちんと供給ができていないようであれば、ガスタンクの残量が原因です。

また、給湯器の水抜き栓のフィルター部分にゴミや汚れが詰まっていることも考えられます。

こういった場合も、お湯にならないことがあります。その際は、取扱説明書やメーカーのマニュアルサイトを確認して水抜き栓のフィルターの掃除をしてみてください。

煙や異音、異臭が出る場合

画像
給湯器から煙、異音、異臭が出る場合は、一酸化炭素中毒や火事を起こす可能性があるので、すみやかに給湯器の使用を中断する必要があります。

そのまま使い続けると、命に関わる事故を起こす可能性もあります。
非常に危険です。

原因は、煙や異音、異臭の発生、いずれの場合でも、給湯器本体の故障が考えられます。

黒や灰色の煙が出ている場合、給湯器内でバーナーが不完全燃焼を起こしているため、一酸化炭素が発生してしまい、

放置してしまうと意識障害や呼吸障害を引き起こす可能性があるため、必ず給湯器の使用を中止して、すみやかに水道の専門業者に連絡してください。

温度が安定しない場合

画像
古いタイプの給湯器は、水を温めるのに時間がかかります。
お湯を出そうとすると水道管に残っていた冷水が先にでてしまうので、水温が安定するまで待ってみることが必要です。

また、給湯器に優先切り替え機能があるタイプも注意が必要です。
操作しているリモコンが優先になっておらず、温度の変更が出来ない状態になっているのかもしれません。
給湯器のリモコンの設定を見直してみてください。

上記のパターンに該当しない場合は、給湯器内の水栓金具の故障が原因と考えられます。
給湯器の修理か交換が必要なので、水道の専門業者に相談してみてください。

給湯器の交換とは

メーカーが設定している、給湯器が故障やトラブルなく安全に使える期間は10年です。
また、家庭向け給湯器の製品寿命は、長く使用できても15年ぐらいだと言われています。

長い期間使用することで、ゴム部品の劣化や、配管内部の汚れ蓄積が起こってしまい、給湯器の性能が低下してしまうのは必然のことなのです。

そのため、定期的に給湯器を交換する必要があるでしょう。

給湯器の型が古いと、取り替え部品の供給が終了している場合が多く、部品単位での修理が難しいため、給湯器が故障した際は、丸ごと本体を取り換える人が多いです。

一軒家・戸建ての場合

種類について

一般家庭向けに普及している給湯器は下記の3種類です。

・ガス式給湯器
・電気式給湯器
・石油式給湯器

ガス式は、火力が強く扱いやすいのが特徴で、都市ガスやプロパンガスを用意できれば給湯器を簡単に設置することが可能です。

電気式は、月々の給湯コストを抑えられるのが特徴です。
夜間の電力を使うので、水を温める電気代を安く抑えることができます。

石油式は、火力が安定している上に、維持費用を抑えることが可能な点が特徴ですが、定期的に灯油を補充することが必要になるため、最近ではあまり使用されていません。

費用相場

当然ですが、給湯器の種類によって価格相場は変化します。

ガス式給湯器は、19万円程度、保温機能付きで22万円程度が一般的です。

電気式給湯器は、自動湯はり機能付き給湯器で24万円程度、保温機能付きで30万円程度です。
月々の費用を抑えることができる反面、ガス式給湯器に比べると初期費用が高くなります。

石油式給湯器は、本体価格と設置工事費込で20万円程度です。
定期的な燃料補給が必要ですが、導入コストが一番安いことが特徴です。

設置工事費の目安は、壁掛けるタイプは、3万円程度、屋外に設置する据え置きタイプは、4万円程度、風炉釜を取り替えて設置するタイプは、6万円程度でしょう。

作業時間の目安

給湯器取り替え工事の目安作業時間は半日程度です。

ただ、既存の給湯器とは異なる種類の給湯器を設置する場合、丸一日かかるケースもあります。

また、給湯器を電気式からガス式に取り替える場合は、給湯器の取り替え工事に加えて配管工事も必要になります。

取り替え工事の作業時間がさらに増えるため、しばらくの期間自宅の浴室が使用できなくなることに注意が必要です。

マンションの場合

費用相場

賃貸マンションと分譲マンションで給湯器の修理、交換費用負担が異なります。

賃貸マンションの場合、経年による自然故障であれば費用負担は貸し主側です。
一方、分譲マンションの場合、自然故障であっても入居者の自己負担が多いでしょう。

ただ、根本的には、マンションでの給湯器の交換費用も、一軒家・戸建てと同様です。
金額の構成は、給湯器本体の代金と設置工事費用を合計したものになります。

マンション向けの給湯器の本体価格の相場は20万円〜40万円程度。
給湯器の性能や、お湯を沸かす能力の指標である号数によって価格が変わります。

給湯器の設置工事の費用の相場は、安くて3万円、高くて5万円程度が目安です。

注意点

マンションなど、集合住宅の給湯器交換には、住んでいるマンションの管理会社や管理組合に連絡を取って、設置できる給湯器の種類や号数を確認することが必要になります。

一軒家・戸建てと異なり、マンションのインフラ設備には他の入居者と共用になっている部分があるため、個人の都合で共用のインフラ設備を勝手に変更することはできません。

また、給湯器の交換工事には専門資格が必要ですので、後の近隣トラブルにならないように、マンションの管理者を通して、水道業者と連絡をとる必要があります。

工事業者に対して追加工事の有無、製品および工事保証の有無について確認しましょう。

給湯器の交換や修理なら住まいる水道サポート

画像
今回の記事では、給湯器のよくある故障の症状と、交換について、ご紹介しました。

給湯器のトラブルは、特別な知識や技術が不要で今すぐ簡単に対処できることから、水道の専門業者への依頼が必要なことまで、対処法はさまざまです。

給湯器は工業製品である以上、経年の使用による製品寿命があり、故障の発生があり得ます。

給湯器は、ガスや電気を使うため、一歩間違えると、故障によって、一酸化炭素中毒になってしまう恐れもあります。

知識や技術もなしに修理作業を行うと、さらなる故障や事故につながる恐れがあるので、くれぐれも取り扱いには注意し、専門の水道業者に依頼するようにしましょう。

住まいる水道サポートは、安全かつ確実に修理、交換いたします。
お気軽にお問い合わせください。

料金一覧はこちらから

お問合せはこちらから

関連記事

給湯器周りの水道管の劣化の症状対策

目次1 給湯器・ポンプのトラブル「給湯器周りの水道管の劣化」の症状&状況例1.1 寒冷地にお住いの方は特に注意が必要です1.2 給湯器の取付方法のミスが原因かも・・・・・ 続きはこちら

給湯器・ポンプの内部銅管の亀裂の症状対策

目次1 給湯器・ポンプのトラブル「内部銅管の亀裂」の症状&状況例1.1 給湯器内部の銅管からの亀裂の原因1.2 給湯器内部の銅管から亀裂してしまったら2 給湯器・・・・・ 続きはこちら

給湯器内部からの水漏れの症状対策

目次1 給湯器・ポンプのトラブル「給湯器内部からの水漏れ」の症状&状況例1.1 給湯器内部から水漏れで多い症状は?1.2 給湯器内部から大量に水漏れが発生したら・・・・・ 続きはこちら

給湯器が水漏れしてしまった場合の修理方法とは?水道業者への依頼が確実?

目次1 給湯器が水漏れしてしまった…1.1 給湯器の持ち・寿命とは2 給湯器が水漏れしてしまう原因とは2.1 水抜き栓がしまっていない2.2 長期間の使用による・・・・・ 続きはこちら

給湯器・ポンプの配管からの水漏れの症状対策

目次1 給湯器・ポンプのトラブル「配管からの水漏れ」の症状&状況例1.1 給湯器の仕組みを知ろう1.2 給湯器配管からの水漏れの危険性2 給湯器の配管からの水漏・・・・・ 続きはこちら

ページトップボタン