メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ

屋外・水栓柱の凍結による水道管の破裂の症状対策

屋外・水栓柱のトラブル「凍結による水道管の破裂」の症状&状況例

一般的な一戸建て住宅の殆どに、屋外には水栓柱が設置されています。
洗車をしたりガーデニング用として水を使う場面、屋外で洗い物などを行う際には非常に便利に使うことを可能にしています。
住んでいるエリアによって違いはありますが、屋外の水栓柱に関しては初夏から秋の季節に活躍することが多く、外壁を洗浄するような作業でも用いられています。

寒冷地にお住いの方、凍結に注意してください

屋外の水栓柱には時にはトラブルが起きてしまうことがあり、その症状に関しては一般的な水漏れ以外にも凍結による水道管の破裂があります。
住んでいるエリアが寒冷地に位置している場合で、冬期間にはマイナスの気温が続いてしまうような、いわゆる真冬日が多いような場所に設置されている場合では凍結してしまう可能性が十分にあります。
この症状は蛇口を回して開けた場合にごく少量の水しか流れることが無かったり、完全に水が流れない症状が一般的です。
蛇口を全開にしても通常通り水が流れることが無くなってしまうので、水を屋外で使うことができない状態に陥ってしまいます。
凍結による水道管の破裂に関しては、凍結した状態にてそのまま放置してしまうと、水道管の内部に溜まっている水が膨張を起こしてしまうので、その結果として水道管を破ってしまう現象を指しています。
早期に解決できる場合では大きな問題につながることが少ない傾向にありますが、既に破裂を起こしてしまった場合ではその部分から水が勢いよく流れてしまう可能性も十分にあります。

水道管が破裂してしまったら・・・

このような症状を確認することができた場合では、大量の水が飛散してしまうことになるので、寒冷地にお住まいの方ならば、屋外の水栓柱の付近がスケートリンクのように氷の面が広がってしまうことが多いので、非常に危険な状態になる可能性も出てきます。
凍結による水道管の破裂現象が起きてしまった場合では、自主的に解決することが非常に困難な状態と判断することができるので、対応している専門業者に修理を依頼することが必要です。
破裂してしまった場合では、その多くで水が飛び散ってしまうことになり、蛇口からではなく水道管部分から飛散してしまうので、症状としては非常に分かりやすいものと判断することもできます。
放置してしまった場合では完全に水が止まることがなく、蛇口を完全に閉めた状態でも破裂した水道管部分から大量の水が漏れる状態になるので、どちらにしても早期に問題を解決するための行動をとることを優先させる必要が出てきます。

屋外の凍結による水道管の破裂の修理方法・応急処置

屋外の凍結による水道管の破裂が起きてしまった場合では、水が想定外の方向に飛散してしまうことが多く、寒冷地で冬期に発生する内容なので、飛散した水に関しては夏場と違って凍り付いてしまうことが一般的です。
住宅周りにも被害が及んでしまうことも多く、近隣の住宅に対しても多大な迷惑が掛かってしまう可能性も十分にあります。

水道管が破裂したらまずは応急処置

この現象が起きてしまった場合では、まずは応急処置を行ってみることが必要です。
屋外の水栓柱の場合では近くに止水栓が設置されて可能性があるので、止水栓を閉める方法で漏れを止めることは可能です。地中深くに埋められている水道管から分岐させている構造ですが、埋設管に関しては通常では凍結してしまう可能性が非常に低いので、止水栓を閉める方法で多くのケースで漏れを止めることができます。

修理方法は・・・

修理方法に関しては段階というものがあり、凍結していても少量の水が流れている場合では、そのまま水を流して氷を溶かす方法も用意されています。
この方法で直すことができない場合や、完全に凍ってしまっている状態であれば、専門業者に依頼をして電気を使った方法で水道管に熱を与える方法が有名です。
この方法であれば殆どの凍結を改善することができるので、再び水栓柱を使い続けることは可能な方法です。
しかし完全に凍結による水道管の破裂が起きてしまっており、水が既に飛散しているような環境では手遅れの状態と判断することができます。
この場合の修理方法に関しては、水栓柱の水道管部分を全て交換する方法が一般的です。
地中にある埋設管部分から全て交換する方法になり、地面を掘っての作業を必要としています。
工事内容としては普通の方では対応することができない内容になるので、必ず専門業者を利用して工事を行ってもらう必要があります。
水栓柱の付近がアスファルトやコンクリートで施工されている状態でも専門業者の場合では、問題にせずに施工を行うことができるので、基本的にはどのようは環境であっても修理をすることは十分に可能です。

寒冷地仕様の水栓柱の設置も検討しましょう

新しく水栓柱を設置することにより、問題をクリアすることができますが、寒冷地の場合では現在では寒冷地仕様の水栓柱というものが普及をしているので、この機会に導入を検討してみることも良い方法です。
寒冷地仕様の水栓柱の場合では非常に凍結しにくいように工夫された機能が盛り込まれているので、寒冷地の専門業者を利用する場合では提案される可能性も高いものになるので、十分に説明を聞いた上で交換してみることがおすすめの方法でしょう。

屋外の凍結による水道管の破裂の予防方法

マイナスの気温が続いてしまう寒冷地にお住まいの方ならば、屋外に設置している水栓柱について冬が来る前に十分に配慮することが必要とされています。
水栓柱の場合ではメンテナンスを含めて忘れてしまいがちになりますが、凍結による水道管の破裂が起きてしまった場合では、多くの修理料金が掛かってしまう可能性も出てくるので、注意しながら利用することが求められています。

寒くなる前の水抜き

屋外の凍結による水道管の破裂の予防方法として役立つ内容もあり、最も基本的な作業としては冬が来る前に水抜きを行う方法が一般的です。
水抜き作業に関してはまずは蛇口を全開にした状態で水を流します。
その状態から止水栓を閉める方法で水道管内部の水を抜くことができるので、凍ってしまった場合でも破裂してしまうことを防ぐことが可能になります。
この方法は最も基本的な作業として行うことが当然になり、寒冷地に引越しなどをされた方のケースでは特に忘れずに行うことが必要です。

冬場、水栓柱は使わないに限ります

このようなエリアの場合では冬期間に関しては屋外の水栓柱は一切使わないスタンスで行動することも基本的なことです。
完全に水栓柱を防備する方法も寒冷地では多く行われています。
例えば断熱シートなどを水道管に巻き付けて紐などを使って完全に固定する方法も効果的とされています。
さらにビニールシートなどを巻き付けて水分などが付着してしまうことが無いように防備する方法も行われています。
断熱シートが入手できない方の場合では大きめのバスタオルなどで代用する方法もあり、何かしらの方法で水道管を裸のままではなく断熱効果を与える方法で凍結による水道管の破裂を防ぐことができます。
水道管を保護することに関しては、異なる意味合いもあります。
寒冷地の場合では冬期間、長期にわたって水栓柱を使うことが無くなってしまうので、防備する方法で水道管に余計な圧力や負担などを掛けてしまうことを防ぐ役割もあります。
その結果として水道管を常に良い環境で保護することができるようになるので、長持ちさせることができる方法として利用することができます。
雪や氷の塊などが落下してしまう可能性のある場所に設置されているようであれば、簡易的な保護の他にも木材などを使ってガードすることも重要な行動になります。
落下物から水道管を守ることにより、破裂は勿論のこと水道管が変形してしまうことが無くなるので、常に快適な状態で水栓柱を使い続けることに最適な方法として予防を行えます。

料金一覧はこちらから

お問合せはこちらから

関連記事

屋外・水栓柱の排水パイプの水漏れの症状対策

目次1 屋外・水栓柱のトラブル「排水パイプの水漏れ」の症状&状況例1.1 外の水道の構造をしっておきましょう1.2 水栓柱の水漏れは気付きにくいです2 屋外の排・・・・・ 続きはこちら

屋外・水栓柱の蛇口劣化の水漏れの症状対策

目次1 屋外・水栓柱のトラブル「蛇口劣化の水漏れ」の症状&状況例1.1 屋外の水栓柱からの水漏れサインとは・・・2 屋外の蛇口劣化の水漏れの修理方法・応急処置2・・・・・ 続きはこちら

屋外・水栓柱の散水栓から水が溢れる症状の対策

目次1 屋外・水栓柱のトラブル「散水栓から水が溢れる」の症状&状況例1.1 散水栓からの水漏れが発生したら・・・1.2 積雪が観測されるような地域にお住いの場合・・・・・ 続きはこちら

屋外・水栓柱の水栓柱下の水道管の劣化の症状対策

目次1 屋外・水栓柱のトラブル「水栓柱下の水道管の劣化」の症状&状況例1.1 水栓柱の劣化判別方法1.2 水道管に劣化が起きている時は・・・1.3 屋外の水栓柱・・・・・ 続きはこちら

ページトップボタン