メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ

給湯器内部からの水漏れの症状対策

給湯器・ポンプのトラブル「給湯器内部からの水漏れ」の症状&状況例

家庭内では必須機材として使われているものに給湯器があります。
お湯を使う場面では欠かすことができない機材になり、現在ではどのような住宅にも設置されています。
給湯器といっても様々なタイプがあり、キッチンに設置されている比較的小型なタイプから据置型の大きなタイプ、壁掛け用として利用しているもの、屋外に設置されている大きなタイプも人気があります。
それぞれの給湯器に関しては室内の生活環境に合わせて設置されているので、使うお湯の量などをある程度計算した上で用いられていることが一般的です。
給湯器は水を使ってお湯を沸かす機材になるので給水ポンプなどが設置されていることになります。

給湯器内部から水漏れで多い症状は?

給湯器やポンプの場合では時にはトラブルが起きてしまう場合も見られます。
トラブル内容で非常に多い傾向にあるものでは給湯器内部からの水漏れを事例にすることができます。
給湯器内部からの水漏れに関しても様々な症状というものがあり、簡単なものでは水抜き栓から水漏れが発生している状態などを確認できる場合もあります。
この症状は水抜き栓からダイレクトに水漏れを起こしている状態なので直ぐに判断することができ、通常では大きな損傷は無いものと判断することもできます。
水抜き栓からの水漏れの場合では長期間にわたって給湯器を使っていないかった際に起きやすい現象でもあるので、安全を確認した上で給湯器を使ってみることで判断することができます。
給湯器内部からの水漏れの症状の中には少量の水が流れている状態などを確認することができます。
このケースではポンプに接続されている給水管の部分から水漏れが起きている可能性が高く、少しずつの水漏れを確認することができます。
この症状の場合では使っていると自然と不自然な場所から水漏れが起きやすい環境にあるので、そのままの状態で使い続けた場合では不完全燃焼を起こしてしまう場合もあるので注意が必要とされています。

給湯器内部から大量に水漏れが発生したらすぐに専門業者に連絡を!

給湯器内部から大量の水が漏れている現象が起きてしまう可能性もあります。
この症状に関してはポンプ自体が破損していたり、給湯器内部のパーツに穴が開いてしまっている場合も多く一般的には非常に危険な状態と判断することができます。
このような症状が起きてしまった場合では給湯器の使用を避けて専門業者に修理を依頼することが賢明でしょう。
大量の水漏れが起きている場合では、住宅内の床面にも水が流れてしまう場合もあるので直ぐに修理することが最優先です。

給湯器内部からの水漏れの修理方法・応急処置

住宅にとって欠かせない設備機器として給湯器が使われているものですが、トラブルが起きてしまった場合では早期に解決することが求められています。
特にガスや石油などを使って火で湯沸しをしているタイプの場合では危険が生じる場合が多々あるので注意が必要でしょう。

給湯器からの水漏れが発生!まずは水抜き栓の確認を

給湯器のトラブルの中には給湯器内部からの水漏れを見つける場合があります。
この症状を見つけた場合まずは水抜き栓を確認する方法があります。
水抜き栓の場合では余計な圧力を逃がすために使われていたり、長期間にわたって使っていない場合に漏れが起きてしまうことがあります。
応急処置の方法は水抜き栓をチェックして問題が無いと判断できた場合ではそのまま通常通りに給湯器を使ってみることです。
その状態で問題が発生しない場合ではそのまま使い続けることができます。
水抜き栓に余計なゴミなどが付着している場合では、綺麗に掃除を行っておくことも応急処置になります。
ポンプに接続されている給水管部分等から水漏れが起きてしまっている場合では、吸水バルブをまずは閉めておくことが応急処置です。
この方法でも水漏れが止まらない場合では元栓から水を止めることが必要です。

修理をするにはまず接続部分のチェック

修理方法に関しては接続部分をチェックすることが必要です。
接続部分にはゴムパッキンなどが設置されているので、ゴムパッキンをチェックしてみて劣化していると判断できた場合では新しいゴムパッキンへと交換することにより修理を済ませることは可能な場合があります。

給湯器の修理は無理せず専門の業者へ

パッキン類に問題が生じていない場合で給湯器内部からの水漏れが起きている症状に関しては、手の器用な方であっても自主的に修理することは難しい場合があります。
例えば給湯器内部のパーツ類に穴が開いてしまったり、腐食していてその部分から水漏れが起きてしまっている場合では簡単に修理することができません。
このケースでは専門業者に依頼をしてパーツ交換を行ってもらう方法で問題を解決することができます。
応急処置として元栓を閉めておくことは必須要件になりますが、それ以外でも電気を使っているタイプの場合ではコンセントを抜いておくことも忘れてはならない内容です。
給湯器の場合では耐用年数というものがあります。機種によって違いはありますが、約7年から10年程度のものが多く提供されているので、修理を行う際にはこの年数によって対応を変えてみることもおすすめの方法です。
給湯器内部からの水漏れでも簡単で低料金にて修理できる場合ではそのまま依頼することも良いのですが、あまりに古くなってしまった機種の場合では交換する方法も良い選択肢でしょう。

給湯器内部からの水漏れの予防方法

給湯器のトラブルは意外と多く発生してしまうことがあり、給湯器内部からの水漏れなどは代表的な事例として見つけることができます。非常に多いものでは水抜き栓からの水漏れになりますが、この内容では普通ではあまり大きな損傷は無いものと判断できます。

給水管やポンプ、機器類からの水漏れは注意が必要です

一方で給水管やポンプ、内部に設置されている機器類から水漏れを起こしている場合では注意が必要です。
現在では殆どの給湯器に安全装置が設置されているので、自然に消化することを可能にしていますが、それでも状態次第では一酸化炭素を多く出してしまう可能性もあるので、給湯器内部からの水漏れは注意して判断することが必要でしょう。
予防方法というものを実践してみることもおすすめになります。
給湯器の場合では非常に丈夫に作られている機材になりますが、使い方によっては劣化を早めてしまうことがあります。

普段の使用方法から注意しましょう

例えば給湯器の能力を超えて使い続けている場合では早期に劣化を起こしてしまうことがあるので、常に正しく使うことが基本的なことです。
給湯器でも小型のタイプで先端にはホースが設置されているものがあり、このホース部分から直接にお湯を使うタイプもキッチンで活用されています。
このような給湯器の場合では排水ホースの可動部分に配慮しながら使うことも余計なトラブルの予防になります。
ホース部分を乱暴に扱ってしまった場合では根本の接続部分から劣化が進んでしまうことが多いので、水漏れの原因に繋がる可能性があり、正常な範囲にて使い続けることが良い方法です。
寒冷地にお住まいの方であれば、必ず寒冷地仕様の給湯器を利用することも欠かせない内容です。
給湯器の内部には常に水がたまっている状態になるので、万が一に水が凍ってしまった場合では給湯器内部の各パーツを膨張させてしまい、その結果として穴が開いてしまうことがあります。

一般的な水道管の破裂と同じような現象になってしまうので、寒冷地の場合では対応している給湯器を使うことと同時に、凍ってしまうことが無いように十分に配慮して使うことも予防の一つになります。

どのタイプの給湯器も衝撃は与えないようにしましょう

給湯器は壁掛用や床面設置型などがありますが、どのようなタイプでも余計な衝撃を与えずに使うことも基本的なことです。
衝撃によってパーツが緩んでしまったり給湯器内部で破損を起こしてしまう場合もあるので静かな環境で負担をかけずに使うこともトラブルの予防方法になります。
激しい連続使用などを避けて常に安全使用ができるように配慮することも予防になり、もしも給湯能力が低いと判断できる場合では号数の大きなものへと交換することも良い方法でしょう。

料金一覧はこちらから

お問合せはこちらから

関連記事

給湯器・ポンプからの水漏れの症状対策

目次1 給湯器・ポンプのトラブル「ポンプからの水漏れ」の症状&状況例1.1 給湯器の種類1.2 給湯器から水漏れが起きたら・・・2 給湯器のポンプからの水漏れの・・・・・ 続きはこちら

給湯器・ポンプの配管からの水漏れの症状対策

目次1 給湯器・ポンプのトラブル「配管からの水漏れ」の症状&状況例1.1 給湯器の仕組みを知ろう1.2 給湯器配管からの水漏れの危険性2 給湯器の配管からの水漏・・・・・ 続きはこちら

給湯器周りの水道管の劣化の症状対策

目次1 給湯器・ポンプのトラブル「給湯器周りの水道管の劣化」の症状&状況例1.1 寒冷地にお住いの方は特に注意が必要です1.2 給湯器の取付方法のミスが原因かも・・・・・ 続きはこちら

給湯器が水漏れしてしまった場合の修理方法とは?水道業者への依頼が確実?

目次1 給湯器が水漏れしてしまった…1.1 給湯器の持ち・寿命とは2 給湯器が水漏れしてしまう原因とは2.1 水抜き栓がしまっていない2.2 長期間の使用による・・・・・ 続きはこちら

給湯器・ポンプの内部銅管の亀裂の症状対策

目次1 給湯器・ポンプのトラブル「内部銅管の亀裂」の症状&状況例1.1 給湯器内部の銅管からの亀裂の原因1.2 給湯器内部の銅管から亀裂してしまったら2 給湯器・・・・・ 続きはこちら

ページトップボタン